読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manic pixie

新米ババア8号車がドタバタ必死こいてるブログ。たまーに他に浮気。

リアルアイドルオタクが二次元アイドルの「アイカツスターズ!イリュージョンShow Time」を見に行ってきた

普段は超特急というダンス&ボーカルユニットと言う名のアイドルのケツを追っかけ回しているわたしですが、女児アニメが大好きという側面もあります。

超特急は全国ツアー中ですか、かつ連続でやるのにゴールデンウィークで交通費や宿泊費が高く、だったら明けにその分ほかの場所たくさん行くわ!と思い断念。

Twitterに流れてくるライブレポを見てライブ行きたいなあ、でも超特急しか追いかけてないしなあ、と思った矢先に見つけたのが、アイカツスターズ!イリュージョンShow Timeでした。

f:id:clonedsheep1022:20170507202817j:image

イベント/大会一覧|イベント/大会|データカードダス アイカツスターズ!

知らない方に説明すると、こちらのイベントは

 

  1. アニメ「アイカツスターズ!」のライブ映像がメガネなし3D映像で見られる
  2. コラボフード、ドリンクなども発売
  3. 演目はA,Bの2パターン、違う箇所が少しある

 

というバーチャルライブ。

VRは、超特急でいうとYellの別バージョンPVや、a-nationのライブ映像、兄こまのせとかになりきれちゃう♡的なのがdTVで配信されてたりで、8号車(超特急のファン)的にはそれなりに馴染みがあるもので、楽しみでした。

ゴールデンウィークだし混むかなーと思いましたが、イベント始まってだいぶ経つのと、演目が2種類しかないこと、他の日だと香澄夜空生誕祭などのイベントもありますが、なにもない日だったのもあってか、ギリギリにもチケットが取れました。

A、B悩みましたが、とりあえずBを見てきました。

超特急というリアルアイドルが好き、ジャニーズもかじったことがあり、@JAMやT-SPOOK、たまたま遭遇したフリーライブなどでリアル女性アイドルも軽く齧ってるオタクが、二次元のアイドルのライブを見て感じたことレポします。

内容に触れながらのレポなので、ネタバレもモリモリありますのでご注意を。

ちなみにわたしのアイドルオタクプロフィールですが、

 

  • 2年ほどジャニーズWESTというジャニーズのグループにはまる。横アリ公演は毎回全部行くほどのファンでした。
  • 去年始めから超特急というスターダストのグループにはまる。関東圏内のライブにはほとんど行き、遠征もガンガンする。
  • 私立恵比寿中学も一度だけ見たことがある。あとはライブ映像を見る程度。
  • ももクロも一度だけ女祭りライブビューイングに行ったことがある。
  • 3年ほど前からdropという日本ツインテール協会のアイドルの在宅ファン。一度だけライブを見たことがある。
  • AKB系もちょっと知ってる程度。

 

というほぼ男性アイドルが好きな感じです。

 

 

 

1.ライブの雰囲気

ライブの雰囲気的には、リアルアイドルよりちょっとおとなしめ。

まぁ座席から立っちゃいけないので当たり前ですが。

でも名前呼んだり、呼びかけに答えたりは、リアルのライブそのものだなぁと思いました。

超特急が曲中にコールをガンガン入れるタイプなので、見ていてコールガンガン入れたくなるくらい。

ペンライトなども公式グッズで出ているので、持っている人が大半でした。(わたしはジャニーズの公式ペンラと超特急の公式ペンラ(緑)しか持っておらず、推しが香澄真昼でおそらく紫なので、妹にキンブレとリアコペンラ(最近流行ってるハート型をしたサイリウム)を借りました)

ジャニーズは一色しかない、超特急は超特急は基本メンバーみんなステージにいますが、エビ中なんかはユニットパートがあったり、自己紹介のときに喋っているメンバーのメンバーカラーに変える文化があり、アイカツスターズエビ中寄りでした。

なのでカラーチェンジできるキンブレが大変重宝しましたね。

ちなみにメンバーカラー厨的にはむちゃくちゃ気になるスターズのメンバーカラーですが、周りのペンライト見た感じ、

 

虹野ゆめ→ピンク

桜庭ローラ→青

香澄真昼→紫

早乙女あこ→緑(黄緑)

白鳥ひめ→ピンク

如月ツバサ→青

二階堂ゆず→黄色

香澄夜空→紫

白銀リリィ→緑、ちょこちょこ白

エルザ・フォルテ→赤

花園きらら→水色

騎咲レイ→白

 

でした。

リリィが緑なの意外だけど、たしかスクールドレス緑だもんな…

あと無印アイカツゴスロリアイドル藤堂ユリカ様も緑でしたね。

リアルアイドルと違って曲と曲の間に時間がないので、キンブレの並び覚えてないとむちゃくちゃ戸惑います。(実際めっちゃ戸惑った人)

細かく色分けできるキンブレお持ちの方は、同じ色でも細かく分けると楽しいと思います。

わたしはゆめは濃いめピンク、ひめはパステルピンクでつけたり、リリィをパステルグリーン、あこを黄緑でつけたり、いろいろ変えてみてました。(多分エビ中に濃い緑と薄い緑がメンバーカラーの人がいて、わたしは濃い緑推しなのでいろいろ気になってしまう)

 

2.リアルアイドルレベルの実在性

なんていうか、実在性がやばかったです…

ここから大いにネタバレします。

 

すごいとこ①:影

ちゃんと影がついてて、動くんですね…

不自然な影じゃなく、うっすらとした、セットからちゃんとある程度離れた場所で話したり歌ったり踊ったりしてる影がついててすごかったです。

 

すごいとこ②:踊り方が違う

CGだしみんな同じ躍り方した方が楽じゃないですか。

でもちゃんと違うんです。

たとえばですが、ゆずとリリィのアニマルカーニバル。

リリィは歌組でダンスメインではないからか、少し振り付けが小さめなんですが、ゆずは逆に大胆で大きな振り付けをするんです。

止める場所はしっかりと止め、かといってガツガツした荒い動きではなく、綺麗な動きをする。

ゆずこしょうone stepでも、センターで堂々と踊り、ターンひとつとってもゆめ、あことは綺麗さが格段に違いました。

これが舞組S4の実力…!って思いましたもん…

普段ダンスをメインにしているグループが好きで、かつダンサー推しなので、すっかりゆず様♡のかっこよさの虜です。

多分わたしの超特急の推しよりゆず様のがダンス上手いしな…

わたしの推しはガツガツ踊るタイプだし…

あとアニメで初めて夜空と真昼が一緒にステージやったときに、ダンス滑らかさ、セクシーさの差に萌えたんですが、このライブでもちゃんと差があって、でもアニメ当初より真昼の動きが夜空寄りになってて、んんんん成長〜〜〜〜!となりました。

ゆめ、ローラ、真昼、あこのステージでも、同じ振付でも、各々腕を曲げる場所、伸ばす場所、手を開くタイミングの違いなど、細かい違いがあって、踊り方に差があるアイドルが好きなわたしはリアル〜〜〜〜!となりました。

 

すごいとこ③:ファッションショー

超特急はTGCや関コレなどファッションショー系イベントにも出ていて、ファッションショーを間近で見る機会もあるのですが、
f:id:clonedsheep1022:20170507142032j:image

出てきたモデルさんが最後に改めて一緒に出てくるこれや


f:id:clonedsheep1022:20170507142631j:image
同じブランドにの違うタイプの服着たモデルさんが2人で出てくるところ、
f:id:clonedsheep1022:20170507142115j:image

 同じブランドモデルがいちゃつきながら出てくるこれ、
f:id:clonedsheep1022:20170507142233j:image

ステージを自由に走り回ってるこれなんか、見たことある!ってやつでした。

ツバサとローラのなんか
f:id:clonedsheep1022:20170507142811j:image

これだし、

香澄姉妹のなんかまさにこれですよね。
f:id:clonedsheep1022:20170507142340j:image
f:id:clonedsheep1022:20170507142409j:image

(関西コレクション2017 s/sのSKE×f.i.n.tステージのLINELIVEのスクショです)

めっちゃランウェイ欲しくなりました、さらに大規模に設備作らなきゃだから難しいだろうけど、やって欲しい…

 

すごいとこ④:目が合ったり合わなかったりする

アイドルの現場において、ファンサ、レスなどは重要なものですが、なんとなーくそれをいただいた感覚になります…

こっち見ててもなんとなく目が合わないなあ、っときもありますし、こっち見てあ、目が合った!って思った瞬間にこっと笑ったりウインクしたり。

わたしはエルザと夜空でそれを味わえました。

推しの真昼は目が合いませんでしたね、わたしのリアルアイドルの推しがあまり目が合ったりしないタイプなので、脳内補正もあるかもですが、こっち見てるのに目が合わない!ってむちゃくちゃに興奮しました…

 

3.VRならではの楽しさ

リアルアイドルは、中に仕込んだりしてて早着替えするときも多々ありますが、衣装チェンジのときに映像などで間を繋いだり、メンバーが数人ずつに分かれてMCして順番に着替えて繋いだりしますが、VRなので衣装チェンジが一瞬です。

出たりはけたりも一瞬。

ジャニーズ好きだった時に一番興奮したのが早着替えだったので、ファッションショーで明らかに仕込んでないのに衣装が一瞬で変わるの見てなんかおおー!魔法みたい!ってなりました…

そもそも映像だから魔法もクソもありませんが。

あとはライブの演出。

リリィの曲の時にガラスが割れる演出がありますが、あれは映像じゃなきゃできないやつですもんね。

あとサビで光がキラキラするところ、消える時に光がキラキラ出てきて消えるところなどなど。

 

4.もっとこうだったらよかったなーってポイント

①やっぱりコールがしたい

スターダムとかもっとガンガンコールいれたかった…

フッフ-!とかソロで名前呼んだりとかしたかったなーって…

 

②立ちたい

アイドルのライブ、だいたい座席指定でも立ってみるので、そのあたりの違和感がすごくて…

バーチャルライブだから仕方ないですけどね。

 

③踊りたい

リアルアイドルではアイドルの振り付けを真似したり、真似することを推奨してくるので、ただペンラぶんぶんするだけじゃなくて踊りたかった…

周りがしてないとなんかやりづらいんですよね、普段違う場所にいるとさらに。

ボンボヤージュの八の字とか腕あげるとこととか、スターダムのハート作るとことかまねしたかった…スターダムアンコールではハート作りましたが。

女性アイドルだからとかの文化の差なんでしょうか、踊るファンはいるけどアイドルと同じ踊りしてる人って見ないような…

 

 

 

せっかくだからAパターンも見に行きたいなあ…と思いました。

楽しかった!

ゆずこしょうポテトおいしかったし。
f:id:clonedsheep1022:20170507203052j:image

頑張って精一杯の彼氏面をして写真も撮りました。

超ネバギバDANCEはウィークリー1位になれるのか②

超特急の今までのシングルについて調べた後は、ウィークリーで1位になるにはどうしたらいいのか、いろいろ比較して考察してみました。

 
1.ランキングの集計方法

オリコンサイトには以下の通り記載されています。

集計期間は毎週月曜から日曜までを対象としており、デイリー推定売上枚数に週間報告での協力店からの売上枚数も加え、最終的に週間推定売上枚数を算出しているため、「デイリー推定売上枚数の1週間の合計=週間ランキングの推定売上枚数」ではありません。

意味不明ですね♡

いろいろ調べたところ、レジに通すCD=デイリーに反映レジを通さないCD=ウィークリー反映みたいです。

つまりCDショップにて直接購入したCDはデイリーとウィークリー両方、通販とかはウィークリーに反映になるっぽいです。

超ネバでいうと通常盤とデラックス盤はデイリー反映、キャラアニとツアー盤はウィークリー反映になるのかな?

初動伸びてウィークリー伸び悩む超特急にはウィークリーに強そうな通販系の形態を2個据えるのは良いのかもしれないなと。

CDショップの方は抽選会もあったりで、抽選会実施店はTSUTAYA以外通常が棚にない状態だったので、積む人たくさんいたんだろな。

 

2.ウィークリー1位のCDの売り上げ枚数

今年に入ってからのウィークリーチャート1位のシングルの売り上げ枚数と比較してみます。

 

まず今月。

 

5月1日付
I’ll be there/嵐

39.3万

 

4月24日付

青春時計/NGK48

16.0万

 

4月17日付

不協和音/欅坂46

63.2万

 

4月10日付

ROCK THA TOWN/Sexy Zone

12.0万

 

4月3日付

インフルエンサー/乃木坂46

87.5万

 

と思いましたが、上記のように今月は強豪揃い。

ジャニーズとAKB系統ばかりで全く参考になりませんね…

でもジャニーズの人気アイドルのシングルでさえ12万。

それくらいなら届きそうじゃないです?

3月は以下の通り。

 

3月27日付

シュートサイン/AKB48

102.5万

 

3月20日付

HAPPY/三代目 J Soul Brothers

10.1万

 

3月13日付

『INTER』/Kis-My-Ft2

20.5万

 

3月6日

OVER THE TOP/Hey! Say! JUMP

27.2万

 

ミリオン超えがきてしまいさらに参考になりませんが、注目すべきはジャニーズやAKB系ではない三代目 J Soul Brothersが1位をとっている点。

この週は超特急がリリースした今週同様、ジャニーズやAKB系がいませんでした。

 

2月。

 

2月28日付

バグっていいじゃん/HKT48

21.0万

 

2月20日付

EMMA/NEWS

14.9万

 

2月13日

Reboot!!!/ABC-Z

5.6万

 

2月6日付

なぐりがきBEAT/関ジャニ∞

27.3万

 

なんとジャニーズのグループかつ超特急のデイリーよりも低い枚数で1位をとっているグループがありました。

ジャニーズやAKBがいない今週、さらに可能性はあるのではないでしょうか。

 

最後に1月。

 

1月30日付

EXCITE/三浦大知

3.0万

 

1月23日

ヒカリノアトリエ/Mr.Children

10.1万

 

1月16日

道しるべ/舞祭組

15.6万

 

同日にリリースされたCDによっては超特急のデイリーの半分ほどでもウィークリー1位になれるという。

また、あのミスチルでさえ10万ほど…

ほんとにCDが売れない時代なんだなぁと思いますね。

上記の結果を見ると、ジャニーズ、AKBがやっぱり強いけれど、その2つの系統CDが出ていなければ、デイリーの枚数だけでも充分にウィークリー1位は射程内ということ。

ただし慢心してはダメ。

 

3.ライバルアーティスト

ジャニーズ、AKB以外にもライバルはたくさんいます。

 

①若手アイドル

超特急同様特典会や購入特典で枚数を稼ぐアイドルはたくさんいます。

特に女性アイドルなんかは超特急みたいに接触のガードが緩かったりするとオタクはモリモリ積みます。

きっと超特急もガードが緩かったらみんなモリモリ積みますよね?

手売り分はウィークリーに反映されるので、土日のうちに抜かされる可能性も大いにあります。

 

②アニソン

最近侮れないのがアニソン。

今週はデレマスのユニットCDが出ています。

ソロCD封入特典にゲームのカードが入っていましたし、店舗特典が豊富、音ゲーがあるからシミュレーションもできてしまう、とわりと強豪。

しかもアニソンCDはお店で買うの恥ずかしいから、と通販を選択する人も少なくありません。

 

③前週のジャニーズ

超特急と違い曲を聴く機会がたくさんあるジャニーズ、あとからこの曲いいかも、と新規購入する元はファンではない人もいるかと思います。

実際嵐はまだまだCDじわじわ売れ続けています。

ウィークリーになるとまだ油断はできません。

 

 

 

まとめると、

 

  1. 昔はウィークリーになるとガタッと落ちがち、ファン以外の目に入る機会がまだまだ少ない超特急は、ウィークリーを上げるにはデイリーの枚数をガツンと多く出した方がウィークリーもいい結果が残せる
  2. ジャニーズやAKB系がいなければデイリーの枚数でも1位取るのは可能
  3. 特典会があるCDの売り上げは強い、特に個人のものがあると強い

 

といったところでしょうか。

また、コンスタントに1位を取るには

 

  1. ファン以外の購買数を増やす(嵐なんかは初動から累計の伸びがすごかったりする)
  2. たくさんの人の目や耳に入れてもらう

 

が大切かなと。

特典会や購入特典もいいけど、わたしはやっぱりいずれ曲やパフォーマンスを評価してもらった上でてっぺんとって欲しいなと思います。

そのためにはやっぱり「オリコン1位アーティスト」の肩書きは強いと思いますし、ファン以外の購入数も大切ですが、そこに繋げるためにはファンがまずは頑張ってたくさんの人の目や耳に触れる1位を取れるようにがんばるのは大切かなと思います。

BCとYellはデイリーのランキングがそのままウィークリーのランキングになったし、このまま上手く逃げ切って欲しいなと思います。

可能性はたくさんあるわけだしね。

超ネバギバDANCEはウィークリー1位になれるのか①

通勤時間が長すぎて暇なので、超ネバが1位になれるのかを考えてみました。

個人の意見を書いただけなので、適当に読み流してください。

また、調査不足の部分もありますが、そこは申し訳ございません。

 

参考にさせていただいたのはこちら。

 http://seesaawiki.jp/ctqwiki/lite/d/Çä¤ê¾夲¥ǡ¼¥¿

 

1.デイリーとウィークリーの差

超特急はデイリーの順位からウィークリーの順位ががくっと下がる、もしくは変わらないことが多い気がします。

今までのシングルのデイリーランキングは以下の通り。

 

TRAIN:44位

Shake Body:23位

POLICEMEN:13位

Bloody Night:7位

Starlight:3位

Kiss Me Baby:4位

ikki!!!!!i!!:3位

Believe×Believe:2位

Star Gear/EBiDAY EBiNAI/Burn!:3位

スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン:3位

Beautiful Chaser:2位

Yell:4位

超ネバギバDANCE:1位

 

スタラあたりから一気に上がり、4位以上は確定、という感じになったなと思いますが、超ネバまでデイリー1位はありませんでした。

続いてウィークリー。

 

TRAIN:圏外

Shake Body:126位

POLICEMEN:18位

Bloody Night:10位

Starlight:7位

Kiss Me Baby:8位

ikki!!!!!i!!:4位

Believe×Believe:6位

Star Gear/EBiDAY EBiNAI/Burn!:7位

スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン:5位

Beautiful Chaser:2位

Yell:4位

 

BCからはデイリーとウィークリーの順位に差はなくなりましたが、それまではウィークリーになるとがくっと落ちています。

デイリーでいい順位が取れたらそのまま逃げ切る可能性もあるのに、それができないのはなぜなのか。

 

2.形態の差

1枚だけ売るのと複数売りするのでは、やはり総合的な購入枚数は変わるわけです。

 

TRAIN:1種

Shake Body:1種
POLICEMEN:1種

Bloody Night:2種
Starlight:1種
Kiss Me Baby:4種
ikki!!!!!i!!:12種

Believe×Believe:4種
Star Gear/EBiDAY EBiNAI/Burn!:3種
スターダストLOVEトレイン/バッタマン:3種
Beautiful Chaser:5種

Yell:3種

 

これを見るとランキングが上位に上がるKMBあたりから一気に種類が増え、ランキングも上がります。

また、スタラはフリーライブのあとに特典会があり、ワンコインシングルで積みやすく、BCはツアー盤としてワンコインシングルがあります。

ikkiは12種と数字だけ見るとえげつないですが、全8種のミューカもあったので積みやすいのかなと思いますが、ミューカってオリコンに反映されるのが否かが不明…

 

3.特典会の有無

アイドルのCDを語るにあたって欠かせないのが特典会。

特典会のためにCDをたくさん買うオタクはたくさんいます。

 

TRAIN

握手会

グループショット

 

Shake Body

握手会

サイコロ

ツーショット

DISH//と抱き合わせ


POLICEMEN

握手会

グループショット

ツーショット

くじ

DISH//と抱き合わせ


Starlight

ハイタッチ(1枚)
ルーレットツーショット(2枚)
グループショット(2枚)

指名ツーショット(3枚)

 

Kiss Me Baby

握手会(1枚)

メンバー指名サイン会(2枚)

グループショット撮影会(2枚)

メンバー指名2ショット撮影会(3枚)

を2回に渡って


ikki!!!!!i!!

ハイタッチ(1枚)

ルーレットツーショット(2枚)

指名ツーショット(3枚)

 

Believe×Believe

握手会

グループショット

CD2種についている特典券2枚のシリアルナンバーで先着で5大都市サイン会(メンバー個人)


Star Gear/EBiDAY EBiNAI/Burn!

握手会

別形態各1枚ずつ合計2枚予約で個別サイン会


スターダストLOVEトレイン/バッタマン

コール録音会

アウトストアイベント


Beautiful Chaser

ハイタッチ会

個別握手(抽選)

 

Yell

メガミックス購入+Yell予約でサイレントトークショー

抽選で副音声会(メンバー全員、2日間、全3回開催)

 

超ネバギバDANCE

ツーショット(抽選)

抽選会

 

個別接触イベントかつ抽選になるとやはり売れやすいっぽいですね、Yellが微妙なのはイベントがトーク系だからなのか…

超ネバも抽選ですが、たくさん申し込みできたし、推し以外の神対応レポみて他メンに行く人もいるはず。

また、8号車が大好きな直筆サイン入りポスターなあたる抽選会などもありました。

でもこうして見ると8号車ってDD多そうで意外と一途なんですかね?

もしくはDDすぎて推し以外にもめちゃくちゃ金かけてるか。

 

4.タイアップの有無

TRAIN:無

Shake Body:無

POLICEMEN:ミューサタ

Bloody Night:ヴァンパイア・ヘブン

Starlight:ウルトラマンギンガ

Kiss Me Baby:ミュージックドラゴン

ikki!!!!!i!!:Musicる TV

Believe×Believe:遊戯王

Star Gear/EBiDAY EBiNAI/Burn!:ロボサン、Musicる TV遊戯王

スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン:無

Beautiful Chaser:探偵の探偵

Yell:お義父さんと呼ばせて

 

アニメ主題歌と人気ドラマ主題歌はやっぱり強いなあという印象。

音楽番組のEDとかはタイアップにしても売り上げには繋がらなさそうですし。

特典会とどっちが比重が重いのかにもよりますが、どうなんですかね?

 

長くなったので次に続きます。

兄こま劇場に行ってきた(5/5追記あり)

新宿アルタにて開催中の兄こま劇場に行ってきました。


f:id:clonedsheep1022:20170421234225j:image

 20時過ぎについて劇場上映まであと10分のところでしたが、5分でフード引き換えとガチャを済ませ、無事に間に合いました。

 

1.入場料

1000円なので高いなーという印象ですが、実質入場料500円、フード&ドリンク券500円の合計金額。

ガチャ目当てな場合も入場料はかかります。
超特急カフェなどで多少割高なメニューに慣れているわたしとしては優しいですが、必ず1フードor1ドリンクを頼まなきゃいけない感じ(使わないなら使わないでいいけど)がガチャや展示だけ目当てな人には痛い出費に感じますね…

フード引き換え券は後日でもいいらしい(閉店間際に言われたからわからないですが)。
プラス500円で兄こま劇場の映像が見られます。

特に時間指定などはなく、1日有効みたいです。
f:id:clonedsheep1022:20170421232025j:image

 

2.フード
基本的に500円で食べられるものばかりですが、パフェとかは高かった気がします。
そして飲食スペースが狭い!
だいたいの面積を劇場に取られているので、食べる場所があまりありません。
フードのみ目当ての方はきつそう…
劇場内が飲食可なので、わたしはドリンクを劇場内で飲みました。
1台だけ片寄さんがサインとイラストを入れたテーブルもありました。

 

※追記※

期間限定や日にち限定かも知れませんが、5/5に行った時は兄こま劇場終了後のくじ引きが、カレーを頼めば2回、パフェを頼めば3回に増えるらしい。

パフェちょっと気になるな…

 

3.ガチャガチャ
1回500円、両替機(1000円のみ対応)あり、回数制限なしでした。
6台ほどあり、真ん中あたりにお兄台という片寄さんサイン入りのものが。
そこでわたしは推しのタクヤさんのアクキー出したので、お兄台は運が宿っているのかも知れません。
ガチャ並ぶスペースも狭いので、ガチャのみ目当てなら平日の閉店1時間前とかに行くと空いてるかと思います、わたしはそれで並ばずできました。

でないでないと言われていますが、よーしお出しまくるぞっ☆と思っていたりすると、出ます。


f:id:clonedsheep1022:20170421233532j:image

ご覧の通り写真のアクキーをだぶらせました、どっちも出ないと思ってたやつ…

あとひとつの台にこだわるんじゃなく、ある程度いろんな台回す方がいいかもしれません、わたし全部の台でやったので。

空いてないと難しいですが。

※追記※

4/23に再度行きましたが、ガチャガチャが頻繁に詰まります。

使われすぎているのかむちゃくちゃ固いのがあるので気をつけてください。

詰まったときは勇気を出してスタッフさんにヘルプを求めましょう。

 

※追記②※

ガチャに第2弾、ミニタペストリーとアクリルスタンドが追加されていました。

また千葉雄大のサインや杉野遥亮さんのサインも増え、エロ医者台なるものも出現です。

 

4.展示物
入ってすぐ右手にでかいチョコバナナの像(?)と片寄さん、千葉雄大の壁ドンパネルがあります。
どんな組み合わせ…
左手にはキャストのフライヤーの写真と謎コメント、片寄さんが描いたイラストなどがあります。
f:id:clonedsheep1022:20170421232912j:image
f:id:clonedsheep1022:20170421232930j:image

(千秋さん、意味がわからないです…)
f:id:clonedsheep1022:20170421232901j:image
(変な位置で壁ドンさせられている我が推し)


f:id:clonedsheep1022:20170421233407j:image
(なぜか片足が浮いている)


少し奥に兄こま劇場入口、さらに奥にグッズとフード&ドリンクカウンター、フード&ドリンクカウンターを右手に曲がるとガチャガチャがあります。
ガチャガチャめちゃくちゃ隠れた場所にありました、なぜ…

 

※追記※

4/23再度行きましたが、休日の夕方あたりは混み始めます。

4時頃にカフェを出ましたが、そのあたりから入場待機列ができていました。

エレベーター降りたら即劇場で、並ぶ場所もむちゃくちゃ狭いです。

再入場も可能みたいなので、写真等撮りたい方は劇場とかフードだけぱぱっと済ませてもう少し遅い時間に行くほうがいいかもしれません。

 

※追記②※

5/5現在、片寄さんと千葉雄大の壁ドンが増えてました。

タクヤさんのは入口付近にお引越し。

元々タクヤさんがいた場所に前からいた千葉雄大がお引越し。


f:id:clonedsheep1022:20170506004753j:image

どこにいてもかわいい♡

 

5.兄こま劇場

 

 

 

 

 

 

 

※内容のネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

むちゃくちゃ広いシアターに椅子が並べられていて、180度映像が見えます。

一部だけ3Dになってて、片寄さんと千葉雄大の映像が3Dで楽しめます。
その後は2Dとなり、土屋太鳳のコメント、ドラマ1,2話の放送、未公開映像(男性キャスト4人)が流れます。
キャスト4人とも性格がかわいくてわちゃわちゃしてるので、超特急のノリが好きな人は楽しいかと思います。
しかしタクヤさんと片寄さんの間には見えない壁が存在していて、距離が縮められず、タクヤさんが2/3〜半分ほど見切れる瞬間が多いです。
でも超特急では仕切りやツッコミ役の多いタクヤさんが心底楽しそうにアホしてるので(千葉雄大がふざけつつもめちゃくちゃ仕切ってくれる)、見ていてほっこりします。
その後日替わりの映像、しかもキャスト個別のが流れます、わたしのときは片寄さんでしたが、タクヤさんもあるのかな…見たい…

 

※追記※

4/23再度行きましたが、2日後にも関わらず日替わり映像片寄さんでした…

タクヤさんの目撃情報求む…

また、ラストに今まで流れた兄こまのCMが何本も一気に流れます。

これがめちゃくちゃ長い。

これが終わらないと扉が開かないという…

途中入退場がOKなのかも不明です、45分間の映像とありますが、多分45分オーバーします。

時間に気をつけてください…

 

※追記②※

ドラマ1,2話+特別映像だけだった上映内容が変わり、1,2,3話+特別映像、4話&5話先行上映+特別映像の2種類になりました。

特別映像は変わりませんが、多分dTVのVRの映像が流れます。

5/5現在、片寄さん、千葉雄大タクヤさん、杉野さん、全員分が見られました。

タクヤさんの顔面アップ最高…

 

終演後に出口で鑑賞券と引換にスピードくじが引けます。
5等まではずれなし、ステッカー、ポスター、スタッフTシャツ、サイン入りマグカップ、試写会が当たります。
試写会当てたいな…

 
f:id:clonedsheep1022:20170421234001j:image
ちなみに緑のスピードくじ引いて4等当てました、タクヤ推し♡と思ったけどポスター飾る場所ないし持ち運びバリ不便…

後日ステッカーも当てました。

スタッフTシャツが青(片寄さんの色)がもうなくて、さすがだなと… 

 

 

何時間も楽しめる感じではないので、買い物ついでにふらっと寄るとかそんな感じだと思います。

期間中タクヤさんもなにかしら書きに来てくれたらな、と思いますが、忙しいから無理ですかね…

 

超特急にはまったバンギャルの、カルチャーショック15選

中学生より約10年、バンギャルとして活動してきたわたしが超特急にどハマりしました。

もちろん全く文化が違うわけで、いろいろとカルチャーショックがありました。

Twitterで見かけたジャニヲタさんが超特急にはまった際のカルチャーショックが見ていておもしろかったので、わたしも書き出してみようかと。

わたし個人の感覚かつ、20歳超えたバンギャル歴10年、最近はあまりバンドのライブには行かず好きなバンドは今どきの若い子に人気なタイプではなくメンバーも30歲前後のバンドなので、古い情報もあるかと思いますが、それはババアに免じて許してください。

 

その1.めったに写真が撮れない

他のグループになればまた別ですが。

ヴィジュアル系バンドは写真を撮るのが大好き(語弊)。

物販〇〇円以上で所謂グループショットやツーショットを撮れるなんてことがたくさんあります。

CDがリリースされたときのインストアイベント(アイドル界隈でいうリリイベ)でも最近握手やサインよりも多い内容です。

それも何箇所とやります。

バンドによってはポーズ指定も可、フォトプロップスなどの小物を持ち込んだりも可、ハグとかもあっちからやってくれるバンドがあるくらいです。

基本希望者は全員参加でき、何回でもできます。

そしてとてもオープンに行われ、誰本命(アイドル界隈で言う推し)などが周りにも丸わかりだったりします。(最近はカーテンなどでファンが並んでる列とは簡単に仕切り作ってくれますが)

が、超特急のツーショットは抽選で当たれば参加可能、しっかり仕切りがある、時間内に撮りきらなきゃいけない、立つ場所が決められていて動いたらダメ、接触なんて以ての外。

ヴィジュアル系では過剰営業求めるファンがわりと問題視されてたりするので、事務所側がちゃんとアイドルを守ろうとしてるなあと好印象でした。(そもそもわたしが人間にくっつかれるのが苦手で写真撮影系インストも苦手だからかもしれませんが)

 

2.ペンライトが丈夫

そもそもあまりペンライトとか使わないヴィジュアル系界隈ですが、一部バンドは使いますし、わたしの行っていたバンドも使っていました。

が、安い粗悪品だからか、すぐに壊れる。

一応電池式でしたが、使い捨てのサイリウムの方がコスパいいのでは?というくらいに買い換えてました。

超特急のペンライトはそれに比べた数百円高いですが、作りがしっかりしてて壊れない。

最高ですね…

 

3.変なライブグッズがない

ヴィジュアル系にはタンバリンやカスタネット、扇子、旗など個性的なグッズをライブで使うバンドもありますが、超特急はペンライトのみ。

荷物が少ない!静か!

でもカスタネットDISH//が出してましたね。

ライブで使うかはわかりませんが。

 

4.すっぴんがわかるメイク

メイクの濃いバンドばかり好きになっていたので、超特急のすっぴんがわかるメイクでしかもめちゃくちゃ顔が整っているというのもびっくりでした。

たまにアイラインガッツリだったりするけど、あんなのかわいいものです、ちゃんと原型留めてますから。

ヴィジュアル系はやだこの人イケメン♡て思った人がすっぴんとんでもなかったりがざらにあります。

 

5.ピアスが少ない

超特急は空けてないし、ほかグループも耳にくらいしか空けてない。

たしかDISH//のりゅうじさんはおへそにも空いてたけど。

乳首や舌、鼻、口にピアス空けてる人はいないので、見た目が健康的だなぁと常々思います。

 

6.メンバーコールがふつう

ヴィジュアル系は「咲く」という腕を上にあげてぱっかーんしながら高い声でメンバーを呼んだり(最近あんまし見なくなったけど)、〇〇かかってこいよーとステージのバンドマンを煽ったり(これも最近はあんましない)する世界に生きてた上、ことあるごとに名前を呼びまくっていたので、超特急は喉が疲れません。

長時間のライブもつらくない。

 

7.お友達募集タグの存在

わたしが好きだったバンドには少なくともなかったし、知り合いづたいに知り合いが増えていったし、ツイートしてるうちにフォロワー増えてライブで会ったりライブで仲良くなったりが多かったので、わざわざ募集したことがない。

8号車になってからもなんかできない…

 

8.当日券がほとんどない

よほどのことがないかぎりはワンマン埋まらない、ソールドしても即完とか絶対なかったバンドか好きだったので、チケットの取れなさが恐怖です。

ファンクラブ入ってよかった♡

バンド予約みたいなのもないですね。

 

9.雑誌に毎月載る

よほど大きいバンドでないと雑誌掲載なんてまずないです。

よく載るのはライブハウスやCDショップが出してるフリー冊子。

それも毎月なんてほぼないです。

たまにちっちゃい連載があった時くらい。

インタビューもライブレポも充実してるので、さほど気にしていませんが。

 

10.変なしきたりがない

あるのかもだけど!

このあたりは暗黙の了解的なのがあるから割愛。

カツアゲはたまにあるらしいですが。

 

11.チェキはないが生写真がある

ヴィジュアル系バンドの必須アイテム、チェキ。

チェキ大好きですが、生写真のがわたしには合ってたみたいです。

以下に共通点、相違点をまとめました。

【共通点】

・ランダム

・当たりはサイン付き(たまにコメントも)

【相違点】

・単価(チェキ1枚500〜1000円、生写真1セット5枚入り1000円)

・チェキは世界に1枚しかないが、生写真は同じ写真が無限にある

・チェキはコンプできないが生写真はコンプできる

 

収集癖があるのでチェキには限界がありましたが、生写真はコンプできると思うと楽しくて楽しくて…

 

12.CDショップジャックがない

インストアイベントをするのはだいたい小さい専門ショップでやるので、イベント開始前後1時間程度は買い物ができなくなります(例外としてイベントスペースが別途用意されてたりお店の外で予約とか商品引き取りくらいはできる場所もありますが)。

インストアイベントは基本土日にやるので、水曜日リリースのCDを休みの日に買いに行こうとすると、時間によっては買えない場合があります。

超特急はイベントやっても大型CDショップなので、絶対そういうのがないのが便利。

 

13.テレビめっちゃ出る

最近ヴィジュアル系がすっかりテレビに出なくなりました。

おそらくブームの衰退が原因ですが。

わたしが中高生のときはちょうどヴィジュアル系がブームだったので、地上波でガンガンヴィジュアル系専門番組やってました。

が、最近ほんとになくなったなぁと。

超特急は地上波CSネット番組充実してて週一で拝めるのは大変ありがたいです。

 

14.ライブ映像がコンスタントに円盤化する

好きだったバンドの人が言ってましたが、ライブDVDって買う人が多くないとものすごく赤字になるので、小さいバンドはなかなか出せないらしいです。

が、超特急めっちゃある…

ヴィジュアル系のライブ映像はだいたい一部をYouTubeで公開とかCDの特典に画質荒い固定カメラの映像が入るくらいなので、Blu-rayというめっちゃ綺麗な映像でしかもフル、固定カメラじゃないのがとてもありがたいです。

しかもプラグエアとかついてくる。

 

15.ローチケが主流

昔こそ土日の朝10時前からロッピーを陣取っていましたが、最近はe+でのチケット販売が多く、ファミポートとお友達でした。

が、超特急はローチケとの提携が多く、しかも抽選販売なので、朝から陣取ることなくチケットが取れます。

楽です。

 

ざっとこんな感じが浮かびました。

個人的にはバンギャルより超特急の方が合ってる気がしてますが、ライブハウスでのスタンディングライブは超特急でもテンションが上がります。

T-SPOOKに行ってきた

T-SPOOK、行ってまいりました。

初参加で手探りだったし、去年とは変更点もややあり手間取りましたが、無事(?)に終わりました。

来年も行けたら行きたいので、自分用備忘録。

 

【パレード】

T-SPOOKの醍醐味といえば、あのアイドルやあのモデルさんたちを間近で見られるパレード。

下調べを必死にし、場所取りへ。

メイン会場内はイベント開始時間からしか入れませんが、パレードのルートは朝から入れます。

9時すぎには到着し、最前列をゲット。

スタート地点付近には人が集まってきていましたが、9時の時点でも余裕でした。

ただ次の日のパレードの場所取りをすでにしている人もいたので、出演アーティストによってはまちまちかと。

場所取りに関してはスタッフさんになにか言われたりとかもありませんでしたので、普通にして大丈夫だと思います。

 

スタート時間になり、スタンバイ

柵にタオル掛けてアピールしてる人もいたので、わたしも真似してみました。

f:id:clonedsheep1022:20161104231459j:image

場所によっては巻くが張られるのでタオル隠れちゃいますが。

エビ中用にボードも作りましたが、全くこっちを向かないっていうw


f:id:clonedsheep1022:20161104231523j:image

超特急も逆ばっかり向いてましたwwww
f:id:clonedsheep1022:20161104231541j:image

難しいね、パレードの場所取り…

去年は折り返しを一般参加者しかしなかったと聞いたので、スタート付近を取ってましたが、今回は折り返しもしていて、ゴール地点に人がごった返していました。

スタート地点に場所取ってから、すぐ移動が一番よかったかもしれません…

ゴール付近で集合写真も撮ってましたし。

来年以降またコースも変わるかもしれないので、要確認ですね。

 

【ライブ】

エビ中→超特急の2回回しキメてきました。

オールスタンディングで、集合時間に整理番号順に並び入場、というふつうのオールスタンディングライブと変わらない感じでした。

整理番号は、その番号の入場が開始まで有効。

どこに並ぶかわからなかったらスタッフさんが誘導してくれます。

ブロックは、~1000、~2000くらいに分かれていて、2000~は後ろのブロックでした。

が、別に余裕で見えるという。

エビ中が2000番台で、周りも男性ばかりでしたが、誰が誰だかはっきりわかるくらいでした。

仮装してたのもあるかもしれませんが。

超特急は200番台で、端のブロックでした。

しかしステージの奥行が広くてセンター付近を見定めるのが難しかった…

どの場所を取るかを早くしないと後ろからモリモリ人が来るので、近くで見やすく見たいならヒールより歩きやすい靴をはくのをオススメです。

走ってはいけないので、いかにスムーズに歩けるかが大事です。

座って待てる隙間もないし、前にいためちゃくちゃ高いヒールの人がどんどん抜かされて行ってました。

後ろの方は特にパンパンに詰められているわけではなくてスペースあったので、踊りまくりたい人は後方に行くのがオススメ。

超特急はステージから降りてきて、ダンサーは通路側だと近くで見られたので、前方取れなかったら通路側に行くのもいいかもしれません。

 

【自分の仮装】 

今回はゴスロリにマントきてヴァンパイアをしました。

が、更衣室が空くのが10:00~、パレードは11:00~。

わりと時間がギリギリだし、パレードで取った場所が更衣室から遠かったりすると結構バタバタです。

多分更衣室は入場規制とかにはなってなかったはず…

ダイバーシティのトイレはただでさえめちゃくちゃ混むので、マナー的にも使用しないほうがいいかと。

コインロッカーが出し入れ自由で意外と中に入りましたが、19:00をすぎると中に入れなくなるので、早めに荷物を出しておくのをオススメします。(当事者)

ただスタンディングなので前方に行く場合は荷物をしまわないと荷物で場所取って前にいけない悲しいことになります。

 

【持って行ってよかったもの】

・レジャーシート

場所取りが結構早い時間から可能なのですが、立ちっぱなしはつらいので。

椅子持ってきて座ってる人もいました。

地面がコンクリートだしまぁ直に座れなくもないですが、汚いといえば汚いのでちゃんと敷くものあった方がいいです。

 

・肩から下げられるポーチ

グッズで出てたのがめちゃくちゃ便利でした。

パレードの場所からちょっと離れるときやスタンディングライブで貴重品だけ入れて持ち歩くのに便利。

長財布も頑張れば入ります。

ライブハウスツアーでも使えそう。

 

・大判のストール

朝から場所取りしてると寒いです。

あと夜も寒い。

肩にもかけられて膝にもかけられるストールめちゃくちゃ便利でした。

 

・画用紙、ペン

みんなボード持ってる!作りたい!と思ったときに、たまたま次の日の仮装の準備が終わってなくて待ちながら作ろうと持ってきてた画用紙とペンが役立ちました。

 

が、ペンがふつうのマッキーだと細かった…

次は事前に用意します。

お店はたくさんあるし百均もあるのであってもなくても大丈夫ですが、こういうときのために筆記用具くらいは持ち歩くと便利かも。

 

『SEVENTH HEAVEN』のPVのストーリーを勝手に考えてみた

超特急のアルバムDramatic Sevenの表題曲『SEVENTH HEAVEN』のPVフルが公開になったので、なんとなくストーリーを予測してみました。

もちろん正解などではないただの妄想ですが。

 

最初は眠り姫みたいなイメージでしたが、何回か見ていろいろ気づいてみたら、全然違いましたwwww

SEVENTH HEAVENの最初の方、空耳歌詞ですが「もうどれくらい永久の砂漠を彷徨っていたのだろう」という歌詞と、その歌詞に合うように、超特急メンバーが苦しそうに砂漠を歩いています。
f:id:clonedsheep1022:20161017203851j:image
f:id:clonedsheep1022:20161017204855j:image

いやー顔が良い。

なんらかのきっかけによって砂漠に迷い込んでしまった超特急メンバー。

砂漠というと、灼熱の大地、水や食料になるものがない、足場が悪い、とまさに地獄の場所。

そこを歩いている時、偶然ガラスの棺を見つけます。
f:id:clonedsheep1022:20161017203910j:image

よく見ると、超特急メンバーがもう1人入ってるんですよね。

その前で外にいた超特急メンバーの命は尽き消えてしまう。
f:id:clonedsheep1022:20161017205354j:image

(このタクヤさんそこそこに不細工で大好き♡)

そして、ガラスの棺から出てくる超特急メンバーが新しく超特急メンバーとして生きていく。
f:id:clonedsheep1022:20161017204050j:image

出てきたあと、外にはもう1人の自分はいないんですよね。

棺の中身ももちろん空っぽ。

パラレルワールド的に新しい自分と出会って、過去の自分は死んで、生まれ変わって、を繰り返すのかなと思いました。

出てきたあとめっちゃ踊ってるしこのままだとまた死ぬwwww

まあ最後に海に向かって走ってるので、生死を「繰り返している」わけではなさげですしもう死ななそうですけどね。
f:id:clonedsheep1022:20161017204543j:image 

海はなんだろ、原点回帰的な?

ただ単に脱出すんぞー!かな?

 

♡で解放するのは、新しい超特急なんでしょうね。

実際にあべべのドラマチック講習会やラジオ等々の発言で「ダサかっこいい」から「かっこいいけどダサい」に角度を変えて、よりかっこいい面を打ち出していくみたいなことを言ってましたし。

「生まれ変わっても、愛してる。」の生まれ変わる=新しい超特急に変わる、っていう意味もあるのではないかと。

でも地味に怖い話ですよね…本来の超特急がどこまでいなくなってしまうのか…

Yellから方向性変え始めたっぽいけどBeautiful Chaserから非アイドル表記なくなったっぽいし、そのあたりから入ったわたしは別に全然いいんですけど。

あとストーリーちょっと冷たい…

いなくなった元の世界の超特急メンバーも幸せであることを祈りますね…

 

変顔パートはなんなんだろう?

そのうちわかってくるんだろか…
f:id:clonedsheep1022:20161017205227j:image

わたしの推し、変顔が変顔じゃない…かわいい…

 

ちなみにキリスト教には輪廻転生の概念はありませんが、ユダヤ教にはあるらしく、「人間は生まれ変わって過ちをどんどん犯していく」みたいな概念だそうで。

最初は生まれ変わって過ちだとしても愛してるってなかなか中二病ハートをくすぐるなと思いましたが、このストーリーで考えたらそれもまた怖い。